ワールド珈琲商会「コーヒービーンズクラブ」は、世界中から厳選したコーヒー生豆の大量販売サイトで、会員登録で業者様から個人様までご利用頂けます。

カートの中を見る

検索結果

オークション入賞コーヒー

 | 1 2 | 次へ >>
Page 1 1 〜 10件の表示
ニカラグア エル・ポステ農園【15kg】(カップ・オブ・エクセレンス 2021)【販売終了】

エル・ポステ農園が位置するニカラグア北部のヌエバセゴビア県は、同国では最も著名なスペシャルティコーヒー生産地域です。
エル・ポステ農園は、ヌエバセゴビア県の山中、標高1300〜1730mに位置します。
最高のコーヒーを作るのは簡単な仕事ではなく、30年前には一家は多くの問題を抱え、不安定な資金状況のため農園を手放す寸前にまで陥りました。
しかし一生懸命働き、素晴らしいコーヒーが生まれる農園に姿を変えました。
この農園では現在パカマラ、カツーラ、カツアイ、ティピカ、ブルボン、カティモールが植えられています。
この8年、ギジェルモさんと彼の家族は、高品質なコーヒーを生産することに力を注いできました。
実際に2011年以降何度もCOE受賞実績があり、2017年にはCOE第7位入賞を果たしております。

こちらの商品は「15Kgアルミバキュームパック」です。

詳細を見る
ニカラグア エル・ポステ農園【30kg】(カップ・オブ・エクセレンス 2021)【販売終了】

エル・ポステ農園が位置するニカラグア北部のヌエバセゴビア県は、同国では最も著名なスペシャルティコーヒー生産地域です。
エル・ポステ農園は、ヌエバセゴビア県の山中、標高1300〜1730mに位置します。
最高のコーヒーを作るのは簡単な仕事ではなく、30年前には一家は多くの問題を抱え、不安定な資金状況のため農園を手放す寸前にまで陥りました。
しかし一生懸命働き、素晴らしいコーヒーが生まれる農園に姿を変えました。
この農園では現在パカマラ、カツーラ、カツアイ、ティピカ、ブルボン、カティモールが植えられています。
この8年、ギジェルモさんと彼の家族は、高品質なコーヒーを生産することに力を注いできました。
実際に2011年以降何度もCOE受賞実績があり、2017年にはCOE第7位入賞を果たしております。

こちらの商品は「30Kg箱入(15Kg×2袋)」です 。

詳細を見る
ホンジュラス プラタネア農園【15Kg】(カップ・オブ・エクセレンス 2021)【販売終了】

プラタネア農園はホンジュラス南部のパライソ県にあります。
すぐ南がニカラグアとの国境で国境を越えた先はニカラグアで最も評価の高いスペシャルティコーヒー生産地、ヌエバセゴビア県があります。
グスタボ氏がコーヒー生産を始めたのは今から10年前。
2年前にCOEに参加すべくParainema品種を3.5ヘクタール植え付けしました。
プラタネア農園では14人が常勤で働き、収穫期には40人が雇われています。
比較的大きな農園として地域をサポートしております。
グスタボ氏はコーヒー農園を改善すべく様々な取り組みを行なっています。
水源を守るべく、森の木を傷つけることは禁止されています。
有機肥料として、コーヒ―パルプを農園全体に撒いています。
農園内には非有機のごみを集める袋を各所に設置しています。
シェードは40〜45%。
シェードツリーには芭蕉科の木、グアマ(マメ科)、杉です。

こちらの商品は「15Kgアルミバキュームパック」です。

詳細を見る
ホンジュラス プラタネア農園【30Kg】(カップ・オブ・エクセレンス 2021)【販売終了】

プラタネア農園はホンジュラス南部のパライソ県にあります。
すぐ南がニカラグアとの国境で国境を越えた先はニカラグアで最も評価の高いスペシャルティコーヒー生産地、ヌエバセゴビア県があります。
グスタボ氏がコーヒー生産を始めたのは今から10年前。
2年前にCOEに参加すべくParainema品種を3.5ヘクタール植え付けしました。
プラタネア農園では14人が常勤で働き、収穫期には40人が雇われています。
比較的大きな農園として地域をサポートしております。
グスタボ氏はコーヒー農園を改善すべく様々な取り組みを行なっています。
水源を守るべく、森の木を傷つけることは禁止されています。
有機肥料として、コーヒ―パルプを農園全体に撒いています。
農園内には非有機のごみを集める袋を各所に設置しています。
シェードは40〜45%。
シェードツリーには芭蕉科の木、グアマ(マメ科)、杉です。

こちらの商品は「30Kg箱入(15Kg×2袋)」です。

詳細を見る
メキシコ ウエウエテパン農園【15Kg】(カップ・オブ・エクセレンス 2021)【販売終了】

ウエウエテパン農園は、ベラクルス州中央山地の山中にあるコーヒー農園です。
その歴史は1951年にさかのぼり、以来、良い品質のコーヒーを生産すべく、コーヒーの木の植え替えを繰り返してきましたが、2010年から本格的にスペシャルティコーヒーに取り組みはじめました。
その取り組みは早速、2012年初開催されたメキシコCOEで実り、6位を受賞しました。
以来、2014年、2017年、2018年、2019年と2021年まで連続でCOE受賞実績を重ねています。(2020年は開催無し) 
今回COE2021を受賞したナチュラルコーヒーを始めたのは2020年です。
200時間の長時間発酵と21日間の天日乾燥を経た特別なナチュラルコーヒーです。
コーヒーは乾燥後、ビニール袋と麻袋に入れられ、外気や湿度を遮断した状態で熟成・保管され、品質が維持されます。

こちらの商品は「15Kgアルミバキュームパック」です。

詳細を見る
メキシコ ウエウエテパン農園【30Kg】(カップ・オブ・エクセレンス 2021)【販売終了】

ウエウエテパン農園は、ベラクルス州中央山地の山中にあるコーヒー農園です。
その歴史は1951年にさかのぼり、以来、良い品質のコーヒーを生産すべく、コーヒーの木の植え替えを繰り返してきましたが、2010年から本格的にスペシャルティコーヒーに取り組みはじめました。
その取り組みは早速、2012年初開催されたメキシコCOEで実り、6位を受賞しました。
以来、2014年、2017年、2018年、2019年と2021年まで連続でCOE受賞実績を重ねています。(2020年は開催無し) 
今回COE2021を受賞したナチュラルコーヒーを始めたのは2020年です。
200時間の長時間発酵と21日間の天日乾燥を経た特別なナチュラルコーヒーです。
コーヒーは乾燥後、ビニール袋と麻袋に入れられ、外気や湿度を遮断した状態で熟成・保管され、品質が維持されます。

こちらの商品は「30Kg箱入(15Kg×2袋)」です。

詳細を見る
エチオピア ニグセ・ゲメダ【15Kg】(カップ・オブ・エクセレンス 2021)【販売終了】

生産者であるニグセ・ゲメダ・ムデ氏はシダマ県ブラエリア、ケラモ村出身です。
彼は8年前からコーヒー栽培を始めました。
2020年、第1回エチオピアCOEで優勝し、売上総額はCOEの過去最高を記録しました。(1ポンド当たり185.1ドル)
これまで、ニグセ氏は国際市場とのつながりがなく、地元のバイヤーとECX(国営のコーヒー機関)にコーヒーを販売していましたが、ここ2年の間にスペシャルティコーヒーのバイヤーが訪れるようになり、価格が向上したとのことです。
訪れるバイヤーが彼のナチュラルプロセスのコーヒーを非常に高く評価するため、COEにもナチュラルを出品することにし、今年も74158という品種をナチュラル・プロセスで出品しました。
彼はCOEオークションに参加することにより、新たなマーケットでのバイヤーとの出会いに期待しています。

こちらの商品は「15Kgアルミバキュームパック」です。 

詳細を見る
エチオピア ニグセ・ゲメダ【30Kg】(カップ・オブ・エクセレンス 2021)【販売終了】

生産者であるニグセ・ゲメダ・ムデ氏はシダマ県ブラエリア、ケラモ村出身です。
彼は8年前からコーヒー栽培を始めました。
2020年、第1回エチオピアCOEで優勝し、売上総額はCOEの過去最高を記録しました。(1ポンド当たり185.1ドル)
これまで、ニグセ氏は国際市場とのつながりがなく、地元のバイヤーとECX(国営のコーヒー機関)にコーヒーを販売していましたが、ここ2年の間にスペシャルティコーヒーのバイヤーが訪れるようになり、価格が向上したとのことです。
訪れるバイヤーが彼のナチュラルプロセスのコーヒーを非常に高く評価するため、COEにもナチュラルを出品することにし、今年も74158という品種をナチュラル・プロセスで出品しました。
彼はCOEオークションに参加することにより、新たなマーケットでのバイヤーとの出会いに期待しています。

こちらの商品は「30Kg箱入(15Kg×2袋)」です。 

詳細を見る
グァテマラ エル・タンボール農園【15Kg】(カップ・オブ・エクセレンス 2021)【販売終了】

エル・タンボール農園はパレンシア県の北部、グァテマラシティの近くに位置する100haほどの農園です。
生産者のLos Moshos氏が働き始めた頃、この土地は炭鉱区や牧場として活用され、当時コーヒーが栽培されていた場所はその一画であり、1970年代に植えられたアラビカ種のコーヒーがあったそうです。
そこでコーヒーの可能性を見出したLos Moshos氏は、自分の家とその農地を交換しました。
農園名の「Tambor」はスペイン語で「ドラム」を意味し、この地域にあった地下の滝が地面を打つ音に由来しています。
多種多様な栽培品種のコーヒーを植えることで、それぞれの木々が土壌中の窒素固定や、気温の調節、腐葉土化といった役割を果たします。
精製過程においても、環境に負荷を与えないよう燃料などを必要最小限に抑えるよう心掛けています。

こちらの商品は「15Kgアルミバキュームパック」です。

詳細を見る
グァテマラ エル・タンボール農園【30Kg】(カップ・オブ・エクセレンス 2021)【販売終了】

エル・タンボール農園はパレンシア県の北部、グァテマラシティの近くに位置する100haほどの農園です。
生産者のLos Moshos氏が働き始めた頃、この土地は炭鉱区や牧場として活用され、当時コーヒーが栽培されていた場所はその一画であり、1970年代に植えられたアラビカ種のコーヒーがあったそうです。
そこでコーヒーの可能性を見出したLos Moshos氏は、自分の家とその農地を交換しました。
農園名の「Tambor」はスペイン語で「ドラム」を意味し、この地域にあった地下の滝が地面を打つ音に由来しています。
多種多様な栽培品種のコーヒーを植えることで、それぞれの木々が土壌中の窒素固定や、気温の調節、腐葉土化といった役割を果たします。
精製過程においても、環境に負荷を与えないよう燃料などを必要最小限に抑えるよう心掛けています。

こちらの商品は「30Kg箱入(15Kg×2袋)」です 。

詳細を見る
 | 1 2 | 次へ >>
Page 1 1 〜 10件の表示