ワールド珈琲商会「コーヒービーンズクラブ」は、世界中から厳選したコーヒー生豆の大量販売サイトで、会員登録で業者様から個人様までご利用頂けます。

カートの中を見る

検索結果

プレミアムコーヒー >> 中南米 >> エルサルバドル

 | 1 | 
Page 1 1 〜 7件の表示
エルサルバドルブルボン SHG(サンタリタ農園)【販売終了】

「サンタ・リタ農園」は火山灰土壌に加え、シェードツリーの落葉が腐葉土を作り出すことから土壌環境が良く、高品質コーヒーが生産されています。素晴らしいアロマとフレーバーを併せ持ったブルボン100%、甘味の強いコーヒーです。 「サンタ・リタ農園」では、RA(レインフォレスト・アライアンス)認証を取得しています。

詳細を見る
エルサルバドル エル・モリノ農園【販売終了】

100年の歴史を持つJASALグループが所有する最も有名な“EL Molino農園”で生まれたコーヒー。
最もよく収穫されるブルボンとカツーラから厳選されました。完熟チェリーのみを収穫し、丁寧なピッキングを行うことで商品の品質を上げ、生産者の生活を支えます。
その為のピッカー達へのトレーニングや教育に時間と努力は惜しみません。
生産者のJASALは、農園が独自でチェリーを扱い、採取するという方法を取り入れ、この最上品質のコーヒーを提供しています。

詳細を見る
エルサルバドル エル・カルメン農園【販売終了】

「エル・カルメン農園」は、アルフレッド・クリスチャーニ元大統領がオーナーで、娘婿kuis氏によって管理されています。
農園はサンビセンテ火山の北側斜面に位置し、6つのエリアに分けて個別管理され、RA認証も取得しています。
上品な酸味とBody、エルサルバドル特有の甘さがあります。

詳細を見る
エルサルバドル ビクトリア農園

エルサルバドルは、1800年代初期からコーヒー栽培が始まり、多くの農園で、現在も昔ながらのブルボン種が栽培されています。
この農園がある地域は、標高・気候・土壌ともにコーヒー栽培に適した土地柄であり、また様々な野生動物が生息する自然豊かな環境の中でコーヒーが栽培されております。
そして、この国は山岳地帯が多いことでも有名です。
我々は、風光明媚で崇高なたたずまいを感じさせる山岳地帯を、この農園名にちなみ、「ビクトリーマウンテン」と命名しました。
この環境から生産される完熟のコーヒーチェリーを、徹底した品質管理を行うことにより、柑橘系のフルーティーな酸味とクリーミーなコクが絶妙に絡み合う素晴らしい風味を持つコーヒーを完成させることが出来ました

詳細を見る
エルサルバドル マラカラ ブルボン SHG

サンタアナ アパネカ ラマテペックは、エルサルバドルで良質なコーヒー産地として知られるサンタアナ火山の斜面にあり、火山性の土壌と太平洋の影響を受け素晴らしい微気候をもたらします。
農園の起源は130年前の1888年にさかのぼり、2005年以降は、ホセ・ギジェルモ・アルバレス氏とマリア・デ・ロスアンヘレス・アルバレス・プルネーラ(4代目)が引き継いでいます。
ギジェルモ氏は生産者として最良のコーヒーを継続的に生産するため伝統を守り続けています。
それは農園で働く人達を代々家族のように大切にする事です。
農場には学校と診療所があり教育と健康への配慮、食事のサポートなど労働者のケアを維持しています。
また、毎年かかさずピッカーの教育を行い、良い報酬を支払います。
農園で働く方々は期待に応えようと仕事をし、より良い環境が維持されています。
2003年にはCOE入賞も果たし、品質維持向上への意欲も進化し続けています。
近年ではデジタルマップを用いたアプリを活用し農園内の区画毎の土壌、木、葉の状態を分析管理する事で、適した栄養素の肥料散布をより効果的に行っています。
シェードツリーのメンテナンス、肥料、病害虫対策・・・どれか1つでも欠ければ良いコーヒーができないとの考えのもと、全てに細心の注意を払っています。
特にピッキングは重要で収穫後のチェリーは再選別を行います。
それは皆の一年間の努力を無駄にせず最良のコーヒーを作る為のものです。
エルサルバドルにとってコーヒー産業は大きな役割を果たします。
労働者の生活を守る為にもコーヒー生産を続けていくことが使命だとギジェルモさんは感じています。

詳細を見る
エルサルバドル SHG パカマラ レッドハニー

生産農園である「Loma La Gloria農園」は、エル・サルバドル西部に位置するケサルテペケ渓谷を見下ろすサンサルバドル火山の斜面に位置しています。
火山性の土壌、涼しい気候の夜、暖かい太陽、コーヒーを守るシェードツリーおよび穏やかな雨。
恵まれた環境の下で、高品質なコーヒーが育まれています。
「Loma La Gloria農園」はブルボン種とパカマラ種のみを栽培し、特にパカマラ種はそのうち2%です。
希少なコーヒーは自社Wet&Dryミルで丁寧に精選されます。
また、シェードツリーによって持続可能性と生物多様性に配慮して栽培されており、環境の維持のみならずコーヒーの品質維持にも貢献しています。

詳細を見る
エルサルバドル SHG パカマラ ナチュラル

生産農園である「Loma La Gloria農園」は、エル・サルバドル西部に位置するケサルテペケ渓谷を見下ろすサンサルバドル火山の斜面に位置しています。
火山性の土壌、涼しい気候の夜、暖かい太陽、コーヒーを守るシェードツリーおよび穏やかな雨。
恵まれた環境の下で、高品質なコーヒーが育まれています。
「Loma La Gloria農園」はブルボン種とパカマラ種のみを栽培し、特にパカマラ種はそのうち2%です。
希少なコーヒーは自社Wet&Dryミルで丁寧に精選されます。
また、シェードツリーによって持続可能性と生物多様性に配慮して栽培されており、環境の維持のみならずコーヒーの品質維持にも貢献しています。

詳細を見る
 | 1 | 
Page 1 1 〜 7件の表示