ワールド珈琲商会「コーヒービーンズクラブ」は、世界中から厳選したコーヒー生豆の大量販売サイトで、会員登録で業者様から個人様までご利用頂けます。

カートの中を見る

検索結果


<< 前へ | 1 2 3 4 | 次へ >>
Page 3 21 〜 30件の表示
ベトナム アラビカ G-1 エバーグリーン

生産地は、ベトナム中南部標高1475m地域のダラット。
フランス植民地時代から避暑地として親しまれ、インドシナの夏の都と呼ばれます。
【Cup Profile】 ハーブのようなFlavor、Mildな酸、Middle Body

詳細を見る
マンデリン 馬面 スーパーティピカ ロングベリー【販売終了】

細長い、馬面(ウマヅラ)のようなマンデリン。
パナマのゲイシャ種のような形状のロングベリーですが、味はマンデリンです。
タケンゴンの村の一部でしか収穫されないので、収穫量はごく僅か。
非常に希少なコーヒーです。

詳細を見る
フローレスアラビカ コモド ドラゴン

インドネシア東部の秘島フローレス島。島内の多くの火山の中でも、クリムトゥ山は、異なる色の水を湛える3つのカルデラ湖で知られ、フローレス島西部のコモド島では、世界最大のオオトカゲ、「コモド ドラゴン」が生息します。
フローレスアラビカの産地は標高1100~1700m程度。
現地名で「Julia」と呼ばれるTypica種をはじめ、Caturra種やAteng種が、防虫剤や殺菌剤は勿論、肥料も発酵果肉のみといった伝統的な方法で育てられ、丁寧に手摘み収穫されたチェリーは、ドライファーメンテーション(非浸水発酵/12-16時間)後、Gilling Basahと呼ばれるスマトラ式で精製されます。
手間のかかる手選別で厳選されたコーヒーは、柔らかなボディ感と仄かな香りを持つ、非常にクリーンなカップです。

詳細を見る
東ティモール サントモンテ JAS

聖なる山として崇められているラメラウ山を望む地域で作られていることから「ティモール サントモンテ(聖なる山)」と名付けられました。
東ティモールの山岳地帯は、美味しいコーヒーを作るための自然環境に恵まれ、国民の1/4がコーヒー生産に従事し、そのほとんどが小規模農家です。
栽培から精製までの大部分が、手作業で丁寧に行われています。
技術指導を受け、生産者の品質管理に対する意識も上がり、東ティモールコーヒーの品質は向上してきています。

詳細を見る
インド チャンナ農園 AA【販売終了】

継続的な化学肥料の使用に考慮し、コーヒーパルプなど自然なものから豊かな堆肥を作り、肥沃な土壌を維持。化学肥料の使用は減り続けています。
農園はいくつかの区画に分けられており、収穫時期にはすべての区画のチェリーが別個に収穫されます。
そして区画ごとにパッキングされ、精選されますので、コーヒーは追跡可能となっております。

詳細を見る
ミャンマー 星山(Seizan)

現在急速に経済が発展しているミャンマーより、アジアンスペシャリティーと呼ぶにふさわしい、アラビカコーヒー「SEIZAN」の登場です。
ミャンマーは2016年アメリカ・アトランタにて行われたSCAAエキスポにおいて高評価を博し、今や世界中から注目される生産国となっております。
この度、現地有力業者で高品質なコーヒーを提供することで知られるMCG社よりコーヒーが輸入されました。
そのカップはフルーティーなフレーバーを感じつつも後味はクリーンで、非常にバランスのとれたカップとなっております。
高品質を誇る「Qグレードコーヒー」です。

詳細を見る
マンデリン ワハナ ロングベリー【15kg】 【販売終了】

ワハナ農園はマンデリン生産地域では数少ない大農園です。
敷地内の精選工場には、他のコーヒー生産国から世界レベルの新鋭マシンが導入されており、インドネシア国内において非常に高い水準にあります。
この農園の大きな特徴の1つが栽培品種別の生産です。
その中でも「ロングベリー」は名前の通りの特徴的な粒形、はっきりと印象に残る味覚個性で、看板栽培品種となっています。
「ワハナ ロングベリー」は、従来のマンデリンとは異なる水洗式で加工されていますが、これはスマトラ式に偏らない風味、あえてロングベリーの味覚を純粋に打出したいとの狙いによるもので、作り手の拘りが感じられます。
柑橘系や紅茶のようなフレーバー、滑らかでしっかりした口当たりが特徴です。

こちらの商品は「15Kgバキュームパック」です。

詳細を見る
マンデリン ワハナ ロングベリー

ワハナ農園はマンデリン生産地域では数少ない大農園です。
敷地内の精選工場には、他のコーヒー生産国から世界レベルの新鋭マシンが導入されており、インドネシア国内において非常に高い水準にあります。
この農園の大きな特徴の1つが栽培品種別の生産です。
その中でも「ロングベリー」は名前の通りの特徴的な粒形、はっきりと印象に残る味覚個性で、看板栽培品種となっています。
「ワハナ ロングベリー」は、従来のマンデリンとは異なる水洗式で加工されていますが、これはスマトラ式に偏らない風味、あえてロングベリーの味覚を純粋に打出したいとの狙いによるもので、作り手の拘りが感じられます。
柑橘系や紅茶のようなフレーバー、滑らかでしっかりした口当たりが特徴です。

詳細を見る
マンデリン ワハナ ラスーナ ナチュラル【15Kg】 【販売終了】

ワハナ農園はマンデリン生産地域では数少ない大農園です。
敷地内の精選工場には、他のコーヒー生産国から世界レベルの新鋭マシンが導入されており、インドネシア国内において非常に高い水準にあります。
この農園の大きな特徴の1つが栽培品種別の生産です。
「ラスーナ」は、北スマトラのマンデリンの生産地域において、主要な栽培品種のひとつです。
ワハナ農園でも安定した生産性を発揮し、ワハナ農園で最も収量の多い栽培品種となっております。
ワハナ農園のラスーナは従来のマンデリンとは異なる非水洗式(ナチュラル)で加工されますが、これは従来のスマトラ式に偏らない風味、非水洗式特有のフルーティーな風味を表現したい、との狙いによるものです。

こちらの商品は「15Kgバキュームパック」です。

詳細を見る
マンデリン ワハナ ラスーナ ナチュラル【30Kg】 【販売終了】

ワハナ農園はマンデリン生産地域では数少ない大農園です。
敷地内の精選工場には、他のコーヒー生産国から世界レベルの新鋭マシンが導入されており、インドネシア国内において非常に高い水準にあります。
この農園の大きな特徴の1つが栽培品種別の生産です。
「ラスーナ」は、北スマトラのマンデリンの生産地域において、主要な栽培品種のひとつです。
ワハナ農園でも安定した生産性を発揮し、ワハナ農園で最も収量の多い栽培品種となっております。
ワハナ農園のラスーナは従来のマンデリンとは異なる非水洗式(ナチュラル)で加工されますが、これは従来のスマトラ式に偏らない風味、非水洗式特有のフルーティーな風味を表現したい、との狙いによるものです。

こちらの商品は「30Kg箱入(15Kg×2袋)」です。

詳細を見る
<< 前へ | 1 2 3 4 | 次へ >>
Page 3 21 〜 30件の表示