ワールド珈琲商会「コーヒービーンズクラブ」は、世界中から厳選したコーヒー生豆の大量販売サイトで、会員登録で業者様から個人様までご利用頂けます。

カートの中を見る

検索結果


 | 1 2 | 次へ >>
Page 1 1 〜 10件の表示
コロンビア エスメラルダ SP

コロンビアの首都サンタフェデボゴタから南へ約400km、エクアドルの国境に近いウイラ州(Huila)。
この地区は良質コーヒーの生産地となっています。
コロンビアは、コーヒー生産で暮らしを支えている小規模農家が多い国です。

コーヒーの栽培・水洗は伝統的な方法で行なわれ、収穫も完熟果実のみが手摘みにより収穫されます。
また、コーヒーの木は、バナナなどのトロピカルフルーツの木の影に植えられ、コーヒーの皮などの有機肥料を利用しています。
当地で大切に育てられたエスメラルダ スプレモをご紹介致します。


詳細を見る
コロンビア GSP

GSP(GENUINE SUPREMO POPAYAN)は、コロンビア南西部カウカ州のポパヤン地区で収穫したもののみから作られます。
温暖な気候、豊富な雨、肥沃な土壌といったコーヒー栽培には絶好の条件を備えた地で、品種改良のなされていない良質のコーヒーが栽培されています。
力強く甘い香り、まろやかな味は厳しい自然の賜物です。

詳細を見る
コロンビア ピコクリストバル

コロンビアコーヒーの多くはアンデス山脈の地域で栽培されておりますが、ピコ・クリストバルの産地は気候、風土、土壌が一般の栽培地域と異なり、コーヒーの香味もカリブ海気候が育んだような特徴になります。
独特の強くスイートなアロマが備わり、酸味が抑制され、甘味主体のマイルドさが感じられます。

詳細を見る
コロンビア ナリーニョSP

ナリーニョは、エクアドルとの国境近く、アンデス山脈に囲まれた標高2000m以上の山間に向いた山脈地で生産されており、その数量はコロンビアの全生産量の1%にも達しておりません。
非常に高い標高で生産されている為、寒暖の差が激しく、コーヒー豆が成熟する過程で実が引き締まり、香り・味・酸味すべてが強くなっています。

詳細を見る
コロンビア SG ブルボンティピカ 100%【販売終了】

コーヒーの味を守り続けたいという初代農園主の姿勢を守り通し、ティピカ種とブルボン種のみを植え、バリエダ種は一切栽培していません。
乾燥は100%天日乾燥で、精製は従来ながらの醗酵工程を用い、昔ながらの設備を使用した伝統的な方法を守っています。 
あくまでも昔から継承されている方法により、良質のコーヒー豆を生産しています。

詳細を見る
コロンビア サンアグスティン

現在コロンビアに植えられているコーヒーの樹は、全体の90%以上が多収穫品種であり、このサンアグスティン村に代表される従来のティピカ種(在来種)は多く見積もって10%と言われ、大変希少価値の高いものです。芳醇で柔らかくコクのある味わいが特徴です。

詳細を見る
コロンビア エメラルドマウンテン 【12kg】

アンデス山地の標高1000〜2000mの高原地帯で産出される最高品質のコロンビアコーヒーです。
小規模農園で人の手によって栽培から収穫まで行なうため、高い品質を維持しています。
苦味・酸味・甘味のバランスが良く、深い味わいと香り、そして独特の酸味が特徴です。

こちらの商品は「12Kg真空パック」です。

詳細を見る
コロンビア マラゴジーペ【販売終了】

1870年にブラジルのバイア州マラゴジッペ市で発見された品種で、ティピカ種の変異したものとされています。
生産性が極めて低く、希少品です。 
果実が大きく、スクリーン19以上の大粒の豆です。
ブラジル、コロンビア、グァテマラ、メキシコなど、中米の数カ国で栽培されています。

詳細を見る
コロンビア アピア【販売終了】

ティピカ種の樹々が、昔ながらの姿で赤いチェリーを実らせていたAPIA村の農園でしたが、残念ながら時代と共に栽培品種が代わり、他のエリアと同じ運命をたどりました。
そんな中、コロンビアFNCと昔のAPIAを彷彿させるものを探し、ウィラ県サンアグスティン ピタリート近郊にたどり着きました。
FNCの”High Quality”クラス指定である新しいAPIAは、指定エリアの中で品質確認をして輸出を行なっており、昔のAPIA村の商品と同じようい、厳選されたパーチメントビーンズを精選し、コロンビアマイルド本来の味をお届けするために、すべての妥協を排除しました。
濃厚でクリーミーな味わい、甘く強いフレーバー。
昔から受け継がれるコロンビアマイルドコーヒーをご満足いただけると信じております。

詳細を見る
コロンビア ハニー

アグアパルパーは使用せず、発酵槽を使用する伝統的なプロセスにて精製。ティピカ、カツーラ共にアマレロが多く、ドライミル工程に回るまでに計6回のハンドピックを行い、品質には細心の注意を払っています。品質と安心・安全を両立させるべく最高級のウォッシュドアラビカに仕上げられたコーヒーは柑橘系の酸味とボディ、豊かな甘味を醸し出します。

詳細を見る
 | 1 2 | 次へ >>
Page 1 1 〜 10件の表示